知ったかですが、なにか問題でも?

アクセスカウンタ

zoom RSS Chrome おすすめ拡張機能紹介(8)

<<   作成日時 : 2010/03/12 17:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 Google Chrome 4.0 から正式に対応した、拡張機能。すでに2,000を超える拡張機能がリリースされています。ブラウザとしては、後発で機能も少なかったChromeですが、この拡張機能に対応したことにより、Internet Explore や Firefox とも十分に渡り合える機能が備わったと言えます。

 数多くの拡張機能の中から、便利な使える拡張機能を紹介していきます。





 それでは、Chrome 拡張機能についてまとめていきます。

Chrome おすすめ拡張機能(8)


■目次
1.TabMenu
2.Google Dictionary
3.RemindMe

 おすすめ拡張機能の一覧はこちら。現在登録数30個!!
 Chrome おすすめ拡張機能 INDEX



1.TabMenu

TabMenu
  現在開いているタブをアイコンから一覧表示して管理を出来るようにしてくれる拡張機能です。ウェブブラウジング中に、沢山のタブを開いてしまう習慣がある人には、必携のツールです。

 TabMenu のインストールはこちら


画像
図1 TabMenu アイコン



 TabMenu をインストール完了したら、オプション設定を行います。
 Chrome の右上にある「設定」ボタンをクリックし、「拡張機能」を選択します。

 拡張機能の一覧が表示されたら、TabMenu の「オプション」ボタンをクリックします。
 TabMenu の設定画面が表示されます。(図2)

 設定画面の内容は以下のとおりです。
Keybord Shortcut to open TabMenu in a tab:
TabMenu オプションを表示するためのショートカットキーの設定
Tab counter:
現在開いているタブの数をどんのように表示するか。「アイコン」、「ホバー」、「表示しない」の3つから選べます。

 メニューの下半分は、現在開いているタブの一覧です。


画像
図2 TabMenu オプション



 それでは、実際に使ってみます。
 タブをたくさん開いた状態で、TabMenu アイコンをクリックします。
 タブの一覧が表示されます。(図3)
 一番上に表示されているテキストボックスは、検索用で入力した文字で対象のタブが絞り込まれます。

画像
図3 TabMenu の使用




2.Google Dictionary

 Google Dictionary
 Google Dictionary をいつでも使えるようにしてくれる拡張機能です。辞書ですので英語の分からない単語は英語で説明してくれます。翻訳とは違います。英語以外にも多くの言語に対応していますが、日本語の辞書はありません。


 Google Dictionary のインストールはこちら


画像
図4 Google Dictionary アイコン



 Google Dictionary をインストール完了したら、オプション設定を行います。
 Chrome の右上にある「設定」ボタンをクリックし、「拡張機能」を選択します。

 拡張機能の一覧が表示されたら、TabMenu の「オプション」ボタンをクリックします。
 Google Dictionary の設定画面が表示されます。(図5)

 設定画面の内容は以下のとおりです。

Dictionary language:
 辞書の言語を選択します。
Pop-up definitions:
 辞書をポップアップさせるときの操作を選べます。「ダブルクリック」、「Ctrl+ダブルクリック」、「ポップアップしない」の3種類から選べます。「ポップアップしない」を選んだ場合は、対象を選択して、アイコンをクリックすると辞書が使用できます。
Address bar dictionary:
 アドレスバーのDictionary アイコンをどこに表示するかを選べます。「一番左」、「一番右」、「表示しない」の3種類から選べます。


画像
図5 Google Dictionary オプション



 それでは、実際に使ってみます。
 設定では、ダブルクリックでポップアップするように設定しています。

 分からない単語をダブルクリックして選択すると、辞書がポップアップします。(図6)


画像
図6 Google Dictionary オプション





3.RemindMe

 RemindMe
 ブラウジング中に指定した時間になったら、メッセージを表示してくれる拡張機能です。ブラウジング中に時間を忘れてしまう人は、使ってみるのもいいかもしれません。

 RemindMe のインストールはこちら


画像
図6 RemindMe アイコン


 RemindMe にオプションはありません。
 インストールが完了すると、ツールバーにアイコンが表示されます。
 アイコンをクリックすると、リマインダーの設定が行えます。(図7)


画像
図7 リマインダー設定


 「Remind of」欄にリマインダーで表示したい内容を入力し、その下にある「IN/ON」を選択します。
 IN:何分後になどの現在の時間を基準にしてリマインドする時間の設定ができます。
 ON:何月何日の何時何分などのように、日時を指定してリマインドの設定ができます。

 INを使用して15分後にリマインダーが実行されるように設定を行います。(図8)
 入力を完了したら、「SAVE」をクリックします。


画像
図8 リマインダー設定 入力


 リマインダー登録が完了すると、RemindMe アイコンに登録件数が表示されます。(図9)
 その状態で、RemindMe アイコンをクリックすると、現在の登録内容の確認ができます。


画像
図9 リマインダー確認



 RemindMe に登録された状態で、設定した時間になると新しいタブでリマインダーの内容が表示され、時間が来たことを教えてくれます。(図10)


画像
図10 リマインダー表示



 今回の手順はここまでで終了です。


■サーバー仮想化アプリケーションの比較
     ホスト型とハイパーバイザ型
■VMware Server による仮想化
     ダウンロード
     インストール
     各種設定
     仮想マシンの作成
■CentOS 5.4 サーバ構築
     インストール
■Windows Tips
     MD5SUM
■Windows アプリ紹介
     セキュリティ対策

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Chrome おすすめ拡張機能紹介(8)  知ったかですが、なにか問題でも?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる