知ったかですが、なにか問題でも?

アクセスカウンタ

zoom RSS Chrome おすすめ拡張機能(16)

<<   作成日時 : 2010/03/29 09:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 Google Chrome 4.0 から正式に対応した、拡張機能。すでに2,000を超える拡張機能がリリースされています。ブラウザとしては、後発で機能も少なかったChromeですが、この拡張機能に対応したことにより、Internet Explore や Firefox とも十分に渡り合える機能が備わったと言えます。

 数多くの拡張機能の中から、便利な使える拡張機能を紹介していきます。




 それでは、Chrome 拡張機能についてまとめていきます。

Chrome おすすめ拡張機能(16)


■目次
1.Go Extensions
2.Eye Dropper
3.Email this page

 おすすめ拡張機能の一覧はこちら。現在登録数48個!!
 Chrome おすすめ拡張機能 INDEX





1.Go Extensions

Go Extensions
 Chromeの拡張機能ページへと移動するアイコンを追加してくれる拡張機能です。ボタン自体は便利なのですが、どのアイコンでも右クリックして「拡張機能」を選択すると同様の効果が得られますので、インストールするかどうかは個人の好み次第。


 Go Extensions のインストールはこちら

画像
図1 Go Extensions アイコン



 Go Extensions にオプションはありません。
 インストールが完了したら、Chromeのツールバーにアイコンが追加されます。(図2)
 アイコンをクリックすると、拡張機能ページに即座に移動することができます。

画像
図2 Go Extensions





2.Eye Dropper

 Eye Dropper
 ウェブページ上に表示された色をスポイトツールで取得することができます。気に入ったデザインのウェブページの色を知りたいときにこのツールがあると便利です。


  Eye Dropper のインストールはこちら

画像
図3 Eye Dropper アイコン



 Eye Dropper のインストールが完了したら、オプション設定を確認してみます。
 Chromeの設定ボタンから、「拡張機能」をクリックし、インストール済みの拡張機能一覧を表示します。
 Eye Dropper の「オプション」ボタンをクリックして、オプションメニューを表示します。(図4)

 Eye Dropper のオプションでは、ウェブページ上のカラーを自動でクリップボードにコピーするかどうかを設定出来ます。

画像
図4 Eye Dropper オプション



 それでは、使用してみます。
 色を調べたいウェブページを開いた状態で、Chrome ツールバーにあるアイコンをクリックします。
 ポップアップでカラーピッカーが表示されます。(図5)
 ウェブページの色をスポイトツールで調べるには、左上にある「Pick color from webpage」をクリックします。

画像
図5 Eye Dropper ポップアップ



 マウスポインタがスポイトの形になり、現在ピックアップされている色が表示されます。(図6)
 その状態で、ウェブページ上で調べたいと思う色をクリックします。

画像
図6 Eye Dropper ピックアップ



 調べたい色をクリックした状態では、ツールバーにあるアイコンが変化します。(図7)

画像
図7 Eye Dropper アイコン(ピックアップ状態)


 再度、Eye Dropper アイコンをクリックすると、ウェブページ上でクリックした色が表示されます。(図8)
 中央に調べた色のパラメーターが表示されます。

画像
図8 Eye Dropper 色の取得





3.Email this page

 Email this page
 現在表示しているウェブページのタイトルとアドレスを自動でメールのタイトルと本文に記入してくれる拡張機能です。友人にウェブページを紹介したい場合やGmailをブックマークとして多用している人には、便利なツールです。


 Email this page のインストールはこちら

画像
図9 Email this page アイコン



 Email this page のインストールが完了したら、オプション設定を確認してみます。
 Chromeの設定ボタンから、「拡張機能」をクリックし、インストール済みの拡張機能一覧を表示します。
 Email this page の「オプション」ボタンをクリックして、オプションメニューを表示します。(図9)

 オプションメニューでは、Gmailを使用するかどうかの設定を行うことが出来ます。

画像
図10 Email this page オプション



 使用するには、ウェブページを表示した状態でボタンをクリックします。(図11)

画像
図11 Email this page ボタン



 ボタンをクリックすると、オプションで指定したメーラーが起動します。(図12)
 あとは、宛先のアドレスを記入するだけでOKです。


画像
図12 Email this page 送信




 今回の手順はここまでで終了です。


■サーバー仮想化アプリケーションの比較
     ホスト型とハイパーバイザ型
■VMware Server による仮想化
     ダウンロード
     インストール
     各種設定
     仮想マシンの作成
■CentOS 5.4 サーバ構築
     インストール
■Windows Tips
     MD5SUM
■Windows アプリ紹介
     セキュリティ対策

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Chrome おすすめ拡張機能(16) 知ったかですが、なにか問題でも?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる